衆議院議員 浅野さとし Official Site

広報素材ログイン

政策

-Beyond 2020-
ウィズ・コロナ時代の社会ビジョン

1.産業

経済の活力が地方都市から生まれていく国へ。

  • 本社機能の地方移転支援制度の充実
  • 地方都市におけるテレワーク環境の整備促進
  • 中小企業における社会保険料負担軽減(新規雇用分を10年間半減)
  • 食品生産者の所得補償制度と遊休地優先利用環境の整備、新規就業者支援制度の充実
  • 高速道路料金の上限設定(3000円)と自動運転による観光・輸送改革

2.保健福祉

安心が国民の支え合いから生まれていく国へ。

  • オンライン医療とホームドクター制度の普及
  • 総合合算制度※1の創設
    ※1 医療・介護・障がい福祉など社会保障の自己負担の合計額に上限を設ける負担軽減策
  • すべての労働者に厚生年金制度への加入権を付与
  • ロボット就労等の活用による障がい者等の就労機会創出と所得拡大
  • 被災者支援税制とボランティア控除制度の創設

3.子ども

世界一子どもを大切にする国へ。

  • 賃貸住宅に住む新婚・子育て世帯を対象とした家賃補助制度の創設(最長6年)
  • 子ども手当の対象を18歳まで拡大、出産育児医療の無償化&ユニバーサルサービス化
  • 義務教育の完全無償化、外国語教育の強化、定期代や予備校授業料等は所得控除に
  • 高等教育の授業料無償化、大学の海外拠点を強化しグローバル・トップ・リーダー育成
  • ICT教育の普及に対応した教職員の業務改革を推進、少人数学級の実現

4.県北活性化

地域の歴史と強みを活かした魅力あふれる県北へ。

  • 日立市を「世界最先端技術・サービスの実証実装都市」に
  • 高萩市を「アクティブシニア世代の健康交流都市」に
  • 北茨城市を「伝統文化観光商業振興都市」に
  • 東海村を「次世代医療・エネルギー研究開発都市」に
  • 主要幹線道路の渋滞緩和と国道6号バイパスの南進の実現
  • 常磐道および東関東道の茨城空港直結化

» トップページへ

ページの一番上へ